Top >  英語の会話 基本 >  英語と日本語の違いに語順

英語と日本語の違いに語順

英語と日本語の大きな違いに語順があります。
語順を理解するのも上達には必要なことです。
習慣や文化が違うように、言葉にもそれぞれ特徴があります。


語順の種類は、2種類あります。
※ 主語 (Subject S)、目的語 (Object O)、動詞 (Verb V)


日本語やドイツ語、オランダ語の語順は、S・O・Vの順番で
SOV型と呼ばれる言語に分類されています。


英語は、フランス語や中国語、イタリア語、
ベトナム語などと同じSVO型です。


「私は映画を観ました。」の一例を以下に記載します。

日本語では主語である「私」と目的語「映画」、
次いで動詞の「観た」が配置されます。
英語では”I saw the movie. ”となり
「私」「観た」「映画」の順になります。


英語では、主語が重要ともされます。名詞や代名詞は付けるようにし、
主語の次に述語を持ってくるのを意識して話すようにすることが、
上達のためにも不可欠です。


英語では主語を明確にしなければ話が通じなかったり、
誤解される恐れもあるので気をつけてください。
語順に注意するようにすることが英語には大切です。

         

英語の会話 基本

英語の会話についてです。語順、英単語、リスニングなどについて紹介しています。

関連エントリー

英語の上達を妨げる理由【文化の違い】  英単語を覚えるコツ  英語と日本語の違いに語順  英語の会話を上達させるためには