Top >  英語の発音と英語脳 >  英語の会話にアクセントとリズム大切

英語の会話にアクセントとリズム大切

英語の会話の発音は、日本語とは全く違います。
日本語が母音を中心に成り立つのに対して、
英語は子音から成り立つためといわれています。


日本語を聞いていると、言葉一つ一つが独立して聞こえます。
英語では音の区切りがはっきりしていないために、
聞き取りにくく感じることがあります。


英語では、子音が続いたり、子音と母音が繋がって聞こえることがあります。
例えば"there are"などは音が繋がって聞こえます。
繋がって聞こえてしまうため、聞くと単語として聞き取れず、
何を話しているのか分からなくなってしまいます。


何度も聞いていれば、聞き分けができるようになります。
また、英語ではアクセントとリズムも大切です。
英語では発音とセットになって覚えます。


単語の頭にアクセントをおくことが多く、
英会話ではアクセントに注意すると聞き取りやすくなります。

         

英語の発音と英語脳

英語の会話を上達させるための、英語脳と発音について紹介しています。

関連エントリー

英語の会話にアクセントとリズム大切  英語脳  英語の会話の発音