« 2011年02月24日 | Top

最新記事【2011年02月26日】

英語を耳から取り込む力を上達させるなら、
1000時間ヒアリングマラソンが良いと思います。
ネイティブの英語が体験できる教材として評判が高いようです。


この教材は、ネイティブの方が会話するスピードをプログラムに取り入れています。
最初は早い会話スピードについていけないと思います。


聞き取る力をしっかりとマスターしたい方には、
納得できる教材です。利用者の満足度は上々です。


海外情報をテーマにした題材が扱われています。
情報誌のように読み物としても楽しめるというもの、
飽きずに英語力を続けられるためのポイントです。


学習のシステムは、毎月1回教材が届けられ、
月当たり90時間勉強することになっています。

バイオリスニングは、子音の多い英語の特徴を捉えた方法です。
英語と日本語の違いは複数あります。
日本語の周波数と異なる周波数の範囲の英語を学ぶためです。


英語の高い周波数域を聞き分けるために、聴覚をトレーニングします。
耳を英語に慣らすことで聞き取る能力を上達させ、
短期間で英語力をアップさせてくれます。


英語は2000~1万2000ヘルツに対して、
日本語は125~1500ヘルツの周波数になっています。
英語の高い周波数を捉えるには耳のトレーニングが大切です。


英語の子音の周波数帯で聴覚を刺激することで、
英語の聞き取りに大切な右脳を鍛えることができます。


英語を聞き分けるスキルがアップするので、
継続することで自然に英語耳になれます。

英語の会話 上達のコツはココにあった!

英語の会話 上達のコツはココにあった!では、英語の会話を上達させるためのコツから、英会話の発音・リスニングなどについてまで紹介しています。楽しみながら英会話ができるお役に立てればと思っております。